スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高発色錦めだかはどこから産まれたの?

今年の春の錦メダカ繁殖計画として黒味の強いワンペアを鉢に入れました。 しばらくその2匹で様子をみておりましたが産卵の具合が良くありませんでした。もちろん良い色模様の個体を親に選んだつもりですけど生まれた個体は下の写真のように数も少なく色模様も良くありません。どうしてなんでしょう。
P8262073_convert_20140829214317.jpg 
それでそこにオス1匹とメス4匹入れしばらくその7匹で過ごしましたが何時も何度も眺めていると赤味が薄い気がして赤色の2匹をいれ9匹で過ごすことになりました。この鉢を1号鉢と名付けましょう。
右1-9 
右1-6 

それから1号鉢とは別にオス2匹メス5匹合計7匹の2号鉢を設定しました。
右2-7匹 
右2-6 

前回の記事の濃いめだかたちはどちらの鉢から産まれたものでしょう。

私としては初めから設定している1号鉢に思い入れがあり親の色模様も2号鉢より濃い気がしてまして1号鉢と言いたいところなのですが実際は2号鉢。
P8041335_convert_20140823224613.jpg 
P8041338_convert_20140823230153.jpg 
これらの色の濃い個体はすべて2号鉢から産まれたものです。

それでは1号鉢から産まれた個体はといいますとそれはP8272112_convert_20140829220738.jpg
P8272102_convert_20140829221446.jpg 
でして2号鉢と比べると色模様が薄いです。

一体どういうことなんでしょう。本当に難しい、深い、どうなっているんだろう。。。。。 これらのめだかのおじいちゃんおばあちゃんはワンペア、ですから親たちは正真正銘の兄弟姉妹めだかなんですが。。。不思議です。 。。。。
いずれにせよこれからが楽しみなめだかたちです。

P8121794_convert_20140829230902.jpg 
P8121784_convert_20140829231818.jpg 
鬼面角スピラリスの花が咲きました。妖しく白く輝く一夜限りの花。ほんのりピンクがかった白い花びらとたくさんのおしべそして1本突き出た変わった姿のめしべ、美しい花です。
さいごまでおつきあいいただきありがとうございます
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

これまで最高発色の錦めだか出現!!!

錦めだかは大変難しく悩ましい、これまで交配を重ねてきましたがなかなか満足のいくレベルまで達していません。しかし今年はこれまでで一番よい結果がでていると思っています。
P8041287-2_convert_20140822221812_20140822222635398.jpg 
右側の稚魚を見つけた時はびっくりしましたよ。大きさは2センチ位。赤の色が今までで一番濃いし黒味もいい感じだし気に入っているのは背びれも赤い事。この大きさでこれくらいの色模様がでているのは初めてです。そして驚異的なのはオスなんです、いままでは色模様のよいのはほとんどメスでした、ですからオスとわかって本当に今回はどうなったんだろうという感じ。真ん中の個体も赤味が濃くほとんどが赤色ですがしっぽのほうに黒がはいっていていい感じでこの個体もオスなんです。
 P8041375-2_convert_20140823225104.jpg
ほかにもいい感じの個体がいると思ってるんですよ。
P8041335_convert_20140823224613.jpg 
P8041375-2_convert_20140823225104.jpg 
P8041338_convert_20140823230153.jpg 
これくらいの色模様がでたのが初めてでそれも2センチなんて全く初めての経験なのでちょっと興奮気味です。
しかし不思議なのはこれはひとつの鉢から出現したものであること、別の鉢は薄い色、親は同じ系統であります。詳しくは次回以降記事にしたいと思います。


さいごまでおつきあいいただきありがとうございます
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

模様や色っていつからできるの?

島風船という名前で買った苗は琉球すずめうりという植物であることがわかりました。すずめうりという植物もありますが琉球すずめうりはまた別の植物だそうです。すずめうりの実も見てみたいですがすずめうりの実は熟すと白くなり模様はないそうです。この琉球すずめうりに惹かれるのはどうしてなんだろうと思ったんですがそれは丸っこい形と白のしま模様の実が魅力的だからかな、それでこの苗をうえているのかな。初めて買ったのは2年前で成った実から種を取り出して去年植えて実が成って今年は去年成った実の種を植えたもの。今年はなぜか1年目2年目より成長が良くて早く花も咲いているし7月から実も成っていて続々成長中です。
それで見ていて思ったんですけどこの白のしま模様はいつからあるのかなって。
P8041400_convert_20140821202446.jpg

P8041398_convert_20140821202328.jpg   

まず気付いたのは雄花雌花たちがひとかたまりでてくるんですね、大体雄花4,5個に雌花2,3個 子房があるせいか雌花のほうが大きく感じられます、それから蕾のうちから子房が大きくなってきているということ。肝心のしま模様はこの大きさではもうありますね。 子房の縦で1センチ位。
P8191914_convert_20140821210855.jpg 



もう少し小さいのをみてみると、これももう模様ついているんだ。
P8041390_convert_20140821201447.jpg 


さらに小さいのみてみるとう~ん、このあたり微妙かな、でも白くないかもしれないけど将来しま模様になるところが浮き上がっているような気がします。5ミリ位。じゃあもっと小さいのはどうなんだろうと探しましたが
P8181890_convert_20140821203758.jpg

実際のところどうなのか大変気になりますが暑さで頭がふらふらしてきて日陰に逃げ込んでしまいましたので今回の観察はここまでとなりました。

さいごまでおつきあいいただきありがとうございます
にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

ひと夏の抱擁と初クルキシールド

夏の夜は暑いそして熱い夏の夜は雰囲気が漂う 生き物の息づかいを感じる

ある夏の夜の出来事 うごめく気配

はっ
!   

P7020133_convert_20140808224720.jpg  
つちがえるの交尾だ
 P7020137_convert_20140808232156.jpg 
お気付きであろうか二匹をずっとみている一匹がいる
P7020152_convert_20140808235337.jpg 

P7020178_convert_20140809000650.jpg 
一匹が近づいてきたでも二匹はしっかり抱擁したまま 君はまだまだ若いね 修行が必要だよ

見回せばまわりにはほかにも 

P7020145_convert_20140808233254.jpg 
P7030207_convert_20140809133538.jpg 

P7030211_convert_20140809134544.jpg 
P7020164_convert_20140809003536.jpg 
P7020162_convert_20140809004404.jpg 
生き物の世界も厳しい競争がある、遺伝子を繋いでいけるのは誰だ、誰もがチャンスをうかがう
邪魔するのは私です
P7030188_convert_20140809133908.jpg 
P7030187_convert_20140809134714.jpg 

P7030197_convert_20140809141419.jpg 
この機会に後ろ姿も撮らせていただきました

ビオ池にお引越ししていただいた後もずっと抱擁 翌朝ビオ池には無事たくさんの卵が産みつけられておりました

めだかの鉢で産卵すると引越しが大変なんです
P8041240_convert_20140809143325.jpg  
卵の引越しはまだいいんですが

P8041242_convert_20140809143715.jpg 
白いのは漂うおたまじゃくし

P8081541_convert_20140809144356.jpg 
少し放置してしまうとたくさんのおたまじゃくしが生まれます

P8081521_convert_20140809144256.jpg 
おたまさんきょうだい

P8081550_convert_20140809144541.jpg 
貝も色も模様もよく似てるんだねぇめだかとおたまじゃくしを分けるときめだかは上の方泳いでるしおたまじゃくしは底の方にいることが多いですが混ざってしまうこともあります、その時はっと気付いたんですがめだかにはひれがあるけどおたまじゃくしはないんだってこと、ささやかな嬉しい気付きでした。

P8041415_convert_20140809153212.jpg 
去年の冬やってきたドリナリアクルキフォリア、その時の姿は古い根茎と古い泥除葉だけ。しばらくそのまま、いつになったら出てくるのか待ち遠しかった。やっと6月古い根茎から胞子葉が3本でてきた、半年以上まったんだよ、やった~、それから程なく毛むくじゃらの新しい根茎がにょきにょき伸びてきたと思っていたらその新しい根茎から7月末待望の泥除葉がでてきたのであります、うれしいな、うれしいな、もふもふの毛の生えた新しい根茎は猫の手のよう、着生してるから裏は平たい感じ、触らない方がいいと思うんだけれど触ってしまう、硬すぎず柔らかすぎない毛であります、気持ちいい~。泥除葉も小さい時は毛がいっぱい生えているんだね、これからますます楽しみだ。


おつきあいいただきありがとうございます
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
プロフィール

みいたま

Author:みいたま
めだか、どじょう、庭の花々に心癒される日々です。生活を彩り豊かにしてくれる、そんな生きものたちやものたちを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。