スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっそり佇む京都の寺社と青々と茂るほていあおい~今熊野観音寺・戒光寺・新熊野神社~混雑を避ける抜け道を通って


RIMG4058upup_convert_20121127202928.jpg
 
地図を眺め今熊野観音寺に行くには一度表の九条通にでてもう一度登って行くより先程の混雑を避けようと早く着きたいので近道することにしました。合っていればの話でもしかしたら遠回りになるかもしれません
地図を回れ右して右に行って駐車場をまた右に行くと左手に学校がありその横を進みます。左は体育館。外には剣道着がずら~っと掛かっており中では少し前かな、いやもう随分前になるかな
ゴリがチアガールの格好をしてリズムよく踊っていた曲に合わせてダンスしてました。なんでこの時期にこの曲なんやろか、しかし若いなぁ、元気やわぁなどと関係ないことが頭に浮かび、こんなこと思ってる場合と違うやろ、この道でいいのかと道を見れば木の根がアスファルトを持ち上げていることに感心し、不安になりながらも進んでいくと少し開けたところに出ました。そして先の細い道を降りていくと表の道から来る泉涌寺道に出られました。

P1000951_convert_20121126230213.jpg 

RIMG4062_convert_20121126205340.jpg    木立の泉涌寺道を進んでいくと今熊野観音寺らしき看板が見えてきました。
P1000953_convert_20121126223758.jpg 
RIMG4060_convert_20121126205201.jpg 
RIMG4061uptr_convert_20121126205248.jpg 今熊野観音寺は西国三十三ヵ所観音霊場第十五番札所。ということはここも御朱印をもらう人でいっぱいなのではないだろうか、ここまではあまり人がいないのだが東福寺での人の多さを考えると、う~んもうすでに行列ができているのではないかなど考えつつ足早に歩いて行くと そこには静寂の中ひっそり佇む今熊野観音寺がありました。
RIMG4067_convert_20121126205426.jpg

RIMG4069_convert_20121126205519.jpg

RIMG4071_convert_20121126222836.jpg 
静かで趣があり紅葉も美しいお寺でした。

P1000958_convert_20121126223649.jpg 
五種類の御朱印がありましたがこのうちひとつの御朱印を頂きました。どれを頂いたかは内緒にしておきます。
RIMG4082_convert_20121126224720.jpg  今熊野観音寺を堪能し泉涌寺道を下っていくと泉涌寺の塔頭が沢山ありそのうちの戒光寺は鎌倉時代の仏師運慶快慶父子合作の釈迦如来像が安置されているということなので入ってみることにしました。身の丈は約5.4メートル台座から後背部を入れると約10メートルもの立派な大仏様です。
RIMG4081_convert_20121126222940.jpg 
仏様に手を合わせて本堂を出ると境内左手に融通弁財天様があります。

P1000969_convert_20121126223118.jpg

P1000970_convert_20121126223237.jpg 
両脇の赤い柵を覗くとそこは池でほていあおいが青々とぎっしり茂っていました。紅葉の季節なのにこんなに元気な姿なんですね。不思議です。弁天様のお力なんでしょうか。ほていあおいが茂っているのでめだかがいるかわかりませんが泳い でてほしいな。


泉涌寺道を下っていくと九条通から繋がる東大路通に出、北に向かうと新熊野神社が見えてきました。賑やかな幟が立っています。
こちらも後白河法皇、平清盛ゆかりの由緒ある神社です。
RIMG4084_convert_20121126224953.jpg 

RIMG4085_convert_20121126225050.jpg 
まず目についたのが大楠です。樹齢900年といわれるこの大楠はそれはもう見事でその大きさや勢いよく伸びる枝ぶりなど益々勢い盛んで立派でした。
RIMG4089_convert_20121126225225.jpg

RIMG4087_convert_20121126225135.jpg

RIMG4093_convert_20121126225730.jpg

RIMG4091_convert_20121126225358.jpg  

JR東海道線を跨いでいくとまた車が増えてきました。観光バスも紅葉仕様です。

P1000977_convert_20121126192315_20121126231052.jpg  
  RIMG4096_convert_20121126230020.jpg 
真言宗智山派総本山智積院。石標も立派です。

RIMG4095_convert_20121126230508.jpg 

拝観はせずに外から写真撮影しました境内のいちょうは黄金色に輝いておりました。


名残惜しいですがそろそろ今回の京都巡りも終わりに近づいてきました。また京都にまいりました折には御案内させて頂きます。
お仕舞いまでお付き合い
頂きまして有難うございました。


ご訪問ありがとうございました
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

お寺に行きましたブログトーナメント - 猫ブログ村
お寺に行きましたブログトーナメント



スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

晩秋の苔むす庭に色づく紅葉徒然・京都東福寺

夕方京都に用事があったので以前より行ってみたかった紅葉の東福寺に朝早くから出かけました。
あの「おけいはん」の京阪電鉄東福寺駅を降りていよいよここからだと思うと気持ちが高まります。
RIMG4056_convert_20121123223704.jpg 


足を進めていくと想像していたよりも早く臥雲橋に差し掛かりました。そして眼の前に現れた今までに見たことのない紅葉の海に息をのみました。幻想的な赤の世界が広がっていました。

P1000827tori_convert_20121123235940.jpg  鴨川の支流三ノ橋川に架けられた臥雲橋より通天橋を眺めたところです。紅葉の海「洗玉澗」の遥か遠く上流方面に通天橋を仰ぎ見ることができます。自然の木々と建物がお互いを活かし見事な景観を作り出しています。

RIMG4016_convert_20121123153915.jpg

RIMG4020_convert_20121123154138.jpg 
RIMG4021_convert_20121123154241.jpg 
RIMG3987_convert_20121123225241.jpg   通天橋は立派な屋根の付いた橋で禅寺らしいその整然とした瓦屋根が
紅葉の景色に変化をもたらしています。

P1000850_convert_20121123225824.jpg              
通天橋を抜けると開山堂。ここは赤のない別世界。しっとりとした濃い緑と白砂の市松模様と凛とした佇まいに清々しい気持ちになりました。

P1000837_convert_20121123231116.jpg 
睡蓮の池がありまして水をみると皆さんも御期待されたと思いますが残念ながら幹之めだかも錦めだかも泳いでいませんでした。水をみるとめだかが泳いでいないか探すようになっている自分がいます。 ううぅ、どうしたらいいんでしょう。




RIMG4002_convert_20121123223947_20121123230837.jpg 
RIMG4008_convert_20121123152646.jpg

RIMG4011_convert_20121123152859.jpg

RIMG4009_convert_20121123152809.jpg  
洗玉澗という渓谷ですがその一部は散策することができ大変楽しめます。三ノ橋川が流れ苔むした庭を紅葉が彩り八角形の愛染堂や経蔵等の建物もあり変化に富んでいますし、より身近に紅葉を感じることができるように思います。


RIMG4103_convert_20121124114442.jpg 
通天橋の入場券ですが判子を押してくれたのが初めての事で珍しくて面白かったです。子どものようですがですが自分も押してみたいですね。
ポンッ!ポンッ!ポンッ!
P1000914up_convert_20121123230226.jpg

RIMG3988_convert_20121123152411.jpg平日9時頃の通天橋の人混みです。朝早くに出かけたのですが紅葉の季節なので多くの人出は覚悟していましたが想像を超える人人人でした。

東福寺を後にし、今熊野観音寺へと向かいます、、、続く

ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

プロフィール

みいたま

Author:みいたま
めだか、どじょう、庭の花々に心癒される日々です。生活を彩り豊かにしてくれる、そんな生きものたちやものたちを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。